No10. ヨガ×性の魅力を発信していきたい 久保田恵さん

No10. ヨガ×性の魅力を発信していきたい 久保田恵さん プロフィール 1985年生まれ。地球の平和願い人。性の探求人。ラブハンター。ヨガティーチャーの側面も持ち、その学びから、「平和」は個人から、そして人と人の間で創り拡がると感じ、多様なパートナーシップ、互いの「性」の違いを受け入れる事の大切さを伝えることに興味を持つ。同時に「性」に対するタブー視や、自身のカラダを知らなかったり、性生活に不安や不満足がある人が多くいる事に驚く。性別としての男女やパートナーシップではなく、「いのち」としての男性性,女性性を知り、受け入れ、力づけ合う社会を創りたい。自分のカラダを愛する人、その人のパートナーとの間に、その人たちのいるコミュニティに、平和と愛ができる在るように。【性】という切り口から【平和】をクリエイトしていきたい。 そして、たった1度の人生、いのちと性を明るく楽しんでもらいたい!そんな想いで「性のお話会」不定期開催中。   普段はヨガティーチャーとして、病院や統合失調症の方たちにレクリエーションなどでヨガの魅力をお伝えしています。その他、自分の持っている性の価値観の観点から、性について参加者の皆さんと語り合うお話し会を、イベントという形で開催しています。 2012年にヨガインストラクターの資格を取得するために、ハワイ州のマウイ島で約一ヵ月間修行をしました。幼少期はフィギュアスケート、10代後半ではダンサーと、体を動かすことに興味を注いでいたのですが、二十歳ぐらいの時には踊らなくなり体が鈍ってきてしまいました。24歳の時に、運動不足を感じヨガと出会い、その魅力に気付きました。「これが仕事にできたら、面白そう、もっと深く学びたい!」と思うようになり、そんなときにハワイ州のマウイ島でヨガの資格が取得できると知り、本格的にヨガを学び始めました。 母子家庭で育ち13歳年上の姉がいたことから、常に大人の中で育っているという感覚が幼少期からありました。「大人の恋模様」や「大人の会話」が家庭内にいつも存在していて、ちょっと大人びた子供だったんです。 周りのクラスメイトよりもちょっと知っていることが多かったですね。好きな人ができるという自然な心から性に対してオープンになっていきました。オープンではないことが「恥ずかしい」「なんかヘン」だと逆に言われるような風潮が周りにあり、自分からさらけ出していないと、つつかれるような怖さが私にはありました。 高校生になると友人たちの彼とのパートナーシップやセクシャリティーに関することを、「メグにはオープンに話しやすい」と周りから言われ、相談を受けるように。単刀直入にセックスについてや、彼との関係について聞かれるようになりました。 大人の女性になって、いろんな男性と関係をもつようになると、周りの女性たちが性に対してなかなかオープンになれない現状がわかるようになりました。お互いが性に対してオープンになることで、「愛や平和」がある。そんなカップルがいたら、一つの社会が少し平和になって、そして女性性・男性性をお互いに理解し、オープンになりあえるカップルがもっと増えたら、大きな平和にも繋がります。 ヨガの教えの中にも「相反するものは一つ」だという考えがあります。そんな中から、ヨガと性について皆さんにお伝えしていくことは、自然と繋がっていくな、と思うようになりました。 小さい頃は注目をすごく浴びたくて、目立つことがとにかく好きな子どもでした。どうにかリレーの選手になろうとか、学級委員とかやってみたり。あと、幼稚園のころから非常に問題児でしたね。 小学校の高学年から姉の影響で本格的にフィギュアスケートをやりはじめました。中学生の時もフィギュアスケートのレッスンに通っていましたね。当時は本当に珍しかったと思います。フィギュアスケートをやっていたときは体も柔らかくて、動きもスピーディーだったのですが、社会人になってから運動不足を感じヨガをやると、体をゆっくり動かすヨガの魅力に逆に気付くことができました。 2016年3月に、性のことセックスのこと愛のことを探求しよぉ♪【性×Call... Read More | Share it now!

もっと見る