No.8 「笑顔を生み出す人になりたい」スマイルフォトグラファー 中村亞希さん

  No.8 スマイルフォトグラファー 中村亞希さん   1992年生まれ。三度の飯より“笑顔”が好きな23歳。マザーテレサのような人になりたいと思い高校3年間で福祉について学んだ。国家資格を取得し現在、介護福祉士として高齢者施設で勤務する一方で笑顔の魅力に気付いた2014年から人の笑顔を撮る《スマイルフォトグラファー》としてフリーランスで活動中!自分の笑顔を好きになって自分に自信を持てるようになれば、きっと今よりも素敵な人生になるだろうと考える。誰かの笑顔の理由になりたい。様々なキッカケを、写真を通して与えている。撮影依頼随時受付中! もともと、私は自分自身の笑顔が大嫌いでした。でも、とある友人の言葉がきっかけで自分の笑顔を受け入れてすごく好きになってからは、自分のこともすごく好きになっていきました。 高校2年生の頃、「亞希が笑うとあたしもつられて笑っちゃう!本当にいい笑顔だよねー!」 と部活帰りに友人から言われました。この一言がキッカケで、自分の笑顔の魅力に気付き受け入れられるようになりました。それから、自分の笑顔だったり周りの人の笑顔だったり、“笑っている時間”を意識するようになって、どんどん笑顔の魅力にとりつかれていきました。こうして私は笑顔を撮ることについて興味を持ち始めました。 この体験をしてから、自分自身の体験を伝えていくことで、もっと多くの人が輝く世界になるのではないかと思いました。それをカメラという技、自分の特技を生かしてより多くの人の笑顔を生み出す人になりたいなと思い活動をしています。 私は3人姉弟の長女で、下に妹と弟がいます。1歳の頃の写真が残っているのですが、1歳の誕生日でおじいちゃんからもらったビールをグビグビ飲むような、好奇心旺盛な子供でした。 1歳の誕生日でおじいちゃんからもらったビールを飲む亞希さん また母親が青森の田舎の育ちで、片親で母だけの家庭なのですが、母がすごく厳しくて長女というのもあり「お姉ちゃんなんだから」という押し付けがすごく多かったです。それがずっと続いていて「お姉ちゃんなんだからしっかりしなきゃ」「こういうの我慢しなきゃ」と思っていました。そのため例えば、食べたいものがあっても妹にあげなきゃいけないことなどあり、相手を優先してしまうような子供でした。周りに気を使ってばかりで、あまり自分のことを話せなかったです。 中学2年生の時に急に母子家庭になり、この時家庭環境に大きな変化がありました。 写真に興味を持ったのは20歳を過ぎてからです。それまではウィルコム1台で過ごしていたけれど、iPhoneに切り替えて、Instagramを登録しました。最初は写真を撮ることじゃなくて、Instagramで写真の編集をすることがすごく好きでした。 はじめは空の写真など、風景を主に撮影していました。それをミクシィなどのSNSに載せると、「これ背景にしたい」「待ち受けにしたい」と言ってくれる人が結構いてくださり、こんなに需要があるのだったら、もっと撮りたいなぁと思ったのがきっかけです。 今まで撮影してきた笑顔の人数は、200~300人です。もともとのきっかけが、「自分自身を好きになろう」ということでした。そのため、女性も男性も含めて自分の笑顔に自信がない人などが私に連絡をくれて、個人で撮影したりしました。あとはカップルのポートレート、イベントのカメラマンや、ライブのカメラマン、また家族の写真などを撮っています。 月の活動はその時によりばらばらだけれど、本当に頻繁に活動していたのは2015年と2016年で、毎日1組から多くて4組の笑顔を撮っていました。   成人式の前撮りの撮影を、お友達と一緒に依頼してくださった方 保育の専門学校に通いながらモデルの活動をしている女の子。スマイルフォトの撮影をきっかけに自分を受け入れられるようになり、自信がついたという嬉しいエピソードもあるそう。 実はカメラの技術もなく、知識もなくてただ【想い】だけで撮っています。 周りの方に「どうしたらそんなに笑顔が撮れるの?」とよく言われます。私は難しいと思ったことが一度もないです。自分自身がこの人と一緒に楽しもうという想いが強くて、もともと相手の長所を引き出すというか見つけるのがすごく得意なのもあり、そこを生かして撮影していると自然な笑顔が撮れるようになっています。 また撮影料のことでは随分悩みました。前は自分に自信がなかったから、1コインの500円とかで撮っていました。ただ周りが求める声が多く「もっとお金を上げてもいいのに」という声が多くありました。自分の写真に自信を持ち、価値をもっと自分好みに出すという考えで時と場合によりますが、撮影料をあげて5,000円からの料金にしています。 撮影料を変えるタイミングがすごく難しくて、フリーランスでやっているカメラマンの人だったら、ピンからキリで安くて1回18,000円など、それぐらいの料金で活動しています。そういう方に比べたら値段は本当に安いです。今そういう風にフリーランスでやっている方が私以外にもすごく増えています。ちゃんと仕事としてカメラ一本でやっている方からしてみると、今はデジタルカメラが普及していて誰でも撮れる時代なので「仕事の邪魔」とか「客をとるな」というお言葉も言われたりしました。そこで自分の中で葛藤している部分も多くありました。 サプライズでお父さんへの誕生日プレゼントとして家族写真の撮影依頼をしてくださったご家族のお写真。普段は喧嘩が多くて仲が悪いと伺っていましたが、この日は3人仲良く笑顔で手を繋ぎ、家族愛を終始感じた撮影だったそう。 今は自分の意思は貫き通すと決めて、少しビクビクしながらも自分らしい活動をしています。 今、高齢者施設で働いているのですが、基本的に夕方の4時から次の日の朝、9時半までの夜勤勤務をしています。夜勤をやっているとすごく自由な時間が多いです。仕事の時間の前後が使えたりなど、また夜勤明けの次の日は休みだったりするのでそういう時間は有効的に使えます。 現在の職場の介護施設でも、カメラマンをやらせていただくことがあります。利用者さんの誕生日会であったりとか、イベントなどで撮影させていただくことがあります。それが本当に生き甲斐だなぁと思っています。 富士夢祭りの道中にて、高齢者施設でスタッフやご利用者様と撮影。 将来のことについて聞かれたときは、「他にもやりたいことが沢山あるので、カメラ一本に絞っていくということは全く考えていません」といつも答えています。結構飽き性なので一本に絞ってしまうとあれもやりたい、これもやりたい!となってしまうのでその都度興味の湧いたことに挑戦していきたいと思っています。 《やらない後悔よりやって後悔!》することが大事。 ”後悔しない人生なんてありえない!だから後悔することを怖がる必要なんてないんだ!”後悔しないように生きてきた私ですが、ある日を境に開き直り、そこから人生が一変しました。 渋谷センター街にて夢集めの様子を撮影 ”あの時やっていれば良かった…”と、やらない後悔は同じ場所でグルグル渦を巻くようにずっと残ります。けれど、行動した結果から味わう後悔の先には多くの学びや気付きの数々が得られます。そこからまた次のステップへと進んでいき、改善点を見つけてまた次のステップへ…。まさに、再生と破壊の繰り返しです。闇があるから光があるように、悩んだり苦しんだりする時期はかけがえのない財産です。たくさん悩みましょう。それは希望だから。自分のいのちを輝かせることが、多くの人の希望になると、私は思っています。 やらない後悔とやった後悔、あなたはどちらを選びますか? 本当の答えは、いつも自分の中に在ります。あなたはもう、知っているはずです。   中村亞希さん ありがとうございました! ... Read More | Share it now!

もっと見る