キアラについて

logo_1

「キアラ(Kiala)」概要

「キアラ」は、アフリカの女性の名前で「輝く」という意味。インタビューサイト「キアラ」は、みずから光をはなち、輝く女性の夢を応援します。また若手女性起業家が集まる プラットフォームをキアラが提供いたします。

  「キアラ」を届けたいひと

特に“20代前半の女性”たちにキアラを知っていただきたいです。キアラの掲載インタビュイーは20代前半から30代後半のみずから光をはなち輝く女性たち。あなたと同年代の女性たちが、日々奮闘し、迷いながら道を切り開き、一歩一歩自分らしい人生を歩んでいます。

ぜひあなたも、自分の信念をつらぬき、みずから輝く「キアラ」になってください。

 活動ミッション

  • 夢インタビューサイト「キアラ」を通して、より女性が輝く場所を提供します。
  • キアラインタビュイー様の交流会を開催し、若手女性起業家のプラットフォームを 提供します。

  私たちキアラを立ち上げました!

img_3129

 編集長
下里夢美

  

イベントカメラマン・ファンドレイジング講師・フリーランスイベンターとして活動・メディア出演するかたわら、「Alazi Dream Project」代表・ファンドレイザーとして活動する25歳。ブログ「みためはコドモ・ずのうはオヤジ」のタイトルのように、見た目は童顔だが、かなりのオヤジ体質。ゆえにオヤジの友達が多い。下里格言:「欲しいものが2つあるなら2倍努力すればいい」「時代はぽっちゃり系」「心も体も丸くなりました」など。(本人談)

IMG_5534

 副代表・カメラマン
安島亜佳音

 

「女版、松岡修造」になるために日々奮闘中の華の24歳。バックパッカーで海外に行ったり、ヒッチハイクをしたり、カメラを撮ったり、沖縄の西表島の離島に裸で住んでいるおじさんに会いに行ったり、とにかく自分が「ワクワクドキドキ」したことに向かって生きようとしている。「何気ない日常を幸せと感じられる能力」を持つ。あまるぐらい笑って過ごす人生を★送りバントをきちんと決められる系男子が好き。キアラ母団体「Alazi Dream Project」カメラマンでもある。(本人談)

IMG_6029

カメラマン・ライター
佐々木大介

キアラ代表下里に釣り上げられた年齢不詳の人である。下里とは主従関係(主:下里、従:佐々木)であるが、特に地領も俸禄もありませんが、下里のツッコミ(ムチ)を頂けている。よくゲイと間違われるが「女の子が大好き」と言っても信じてもらえない事が多々あるのはなぜでしょうね?Facebook上では暴れまわっているので生暖かく見守ってやって下さい。(本人談)