NO.3 「ピア・カウンセラーを目指して」 木村翔子さん

NO.3

ピア・カウンセラーを目指して

木村翔子さん

IMG_5607

プロフィール

1992年生まれ。幼少期から児童養護施設で育ち、先天性の障害の手術をくり返す。12歳の時に手術の影響で脊髄損傷と診断され下半身不随になり、以後車いすで生活をする。その為、障害児の児童養護施設にうつり中学からは特別支援学校に通う。思春期に入り、障害の受容や家庭の事情等も重なり、一時適応障害になり不登校になる。施設や学校で様々な家庭環境、障害事情等を知り、「親からの虐待、障害や家庭環境などの偏見を無くしたい、また当人達の生きづらさを解消したい」と思うようになり、「一般的ではない自分だからこそ誰かの力になれるのでは」と考え、現在地域で一人暮らしをしながらピア・カウンセラーを目指し中。アニメと声優、ライブ、飲み会が大好き。

12歳の時に車いす生活になった翔子さん、彼女の夢とは?

IMG_5541

みなさんこんにちは、木村翔子です。私は12歳の時に生まれつきもっていた障害の手術の影響で、車いす生活になりました。そのことがきっかけで障害をもつ人への偏見を無くしたい、また、当人たちの生きづらさを解消したいと強く思うようになりました。現在は、「マイノリティの自分だからこそ、誰かの力になれるのでは」と考え、地域で一人暮らしをしながらピア・カウンセラーを目指しています!

小さいときは自由に歩くことができた。~困難を乗り越えたきっかけ~

12399791_1528963217430784_2004866224_o

幼少期の木村翔子さん

幼いころから養護施設で過ごしていたのですが、歩けなくなってからはずっと医療養護施設で入院していました。施設の保育士さんや、医者、ナース、PT(理学療法士)、OT(作業療法士),ST(言語聴覚士)、心理士さんたちが自分の親ではないのに、本当の両親みたいに親身になってくれました。

病院を出て違う施設に移った時のことです。その頃私はSPYAIRというバンドが大好きで、そのバンドがファンと交流できるイベントを開催していました。なんとなくのぞいてみると、バンドのメンバーがとても手厚く接してくれました。

私はそれまでずっと、障害を持っている人は、“健常者から嫌われる”と思っていました。全然そんなことはなくて、交流会に行ってみると友達がたくさんできました。「車椅子だから」とか、「障害者だから」とか言っても「別に良くない?」って言ってくれて。そこからどんどん社交的になっていきました。

歩けなくなった自分に何ができるんだろう?

歩けなくなったのは小学6年生、11歳の時でした。

歩けなくなった自分には、一体何ができるんだろう?と唐突に考えるようになりました。最初は手を動かすことができるのでマッサージがいいかも?と思って、マッサージ師を目指しましたが、どこかしっくりきませんでした。

それから現在の社会は、ストレスで溢れているように感じ、“誰かの心のケアをするカウンセラーになりたい”、誰かの話しを聞いてカウンセリングすることだったら、私にもできるのではないか…と思いました。

高校生だった私は、お医者さんに話を聞いてもらうことでとても救われたのですが、でもこの医者は「健常者だ」という思いが頭から離れませんでした。ナースや親みたいに接してくれている人でも、「親じゃない」「健常者だ」「私とは違う」という風に感じてしまっていました。

「ピア・カウンセラーになりたい」

一人暮らしをはじめるにあたり、学校、病院、元施設…いろいろなところに、一人暮らしの不安を相談しました。すると、実際に障害を持っている人が運営し、障害者自信の心理的サポート、また保険や公的補助、法律面でのサポートをしているNPO法人CIL小平を紹介していただき、そこでよく相談に乗ってもらうようになりました。(※CIL(the Center for Independent Living:自立生活センターの意))

そして、CILで初めてピア・カウンセラーの女性に出会いました。ピア・カウンセリングというものは一般的なカウンセリングを行う単なるアドバイザーとは違い、障害者自らがカウンセラーとなり、当事者のことを最もよく理解し、平等で信頼のできる関係から、自立生活の実現のサポートをする人のことを言います。具体的には障害をもつ人たちのための精神的なサポートや、自立のための情報提供をしています。

ピア・カウンセリングにすぐに憧れを抱くようになりました。「私、ピア・カン、興味あります!」と言ってみると、すぐにやってみないかという返事が。そこで初めて私がやりたいのは、ただのカウンセリングではなく、ピア・カウンセリングなのだと気づきました。

見たくない自分と向き合うこと。~ピア・カウンセラーを目指して~

ピア・カウンセラーの講習の一番はじめに「まず自分の感情を表に出す」という練習をします。具体的には、小さいころに障害を持っていて嫌な思いをしたときの事を思い出して、それを自分の言葉で話すということをしたのですが、いざやってみると本当にとても苦しかったです。

涙が出て、泣いていても、黙っていても、笑っていても、なにをしていても許される場で、自分の感情を出す、自分の思っていること、体験したこと、考えていること、頭にあること、心にあることを、言語化するのがとても難しかったです。見たくない自分と向き合い、乗り越えた先に、ピア・カウンセラーへの道はあるのだと感じました。

現在は、全国自立生活センター協議会の、ピア・カウンセラー集中講義への参加に挑戦中です。

我慢しないで生きていきたい。興味があったら逢いたい!話しましょう!

乗りたい電車に乗れない。したいことができない。ちょっとの段差も全然遠回りしないといけない。高いものが取れない。やりたい仕事ができない。健常者の働き方に合わせる様な形になってしまうので、裏方の事務になってしまったり、パソコン作業のような仕事が多くなるのが現実です。私、接客とか本当にむいていると思うのに!笑

我慢しないで生きていきたい。車いすに乗っているから電車を待たないといけないことや、自分で自分のお金を稼げていないから、死んでしまったほうがいいんじゃないかと思うときもあります。

でも、私と同じ障害で苦しむ人たちが当たり前に社会を、日常にちょっとの工夫で変わっていけるような社会を、目指していきたいと思っています。

是非、私に興味があったら逢いましょう!話しましょう!

木村翔子さん

ありがとうございました!


スタッフ後日談

下里:キアラ代表 安島:副代表兼カメラマン

【安島】翔子さん、本当に車いすで遠くまで来ていただいてありがとうございました!

【下里】以外にもすごく遠くまでいつも来てくれるからびっくりしてるよ!笑 翔子は本当に明るくてエネルギッシュなんだ!私とアニメトークで盛り上がったりね。笑 翔子といろんなところに行って楽しんで、今回こういう取材に繋がってよかったな~

【安島】この記事に共感した人が、翔子さんを筆頭に、もっと社会を優しくしていけたらいいですね。ピア・カウンセラー目指して頑張って下さい!

 

 

コメント

  1. 宇佐美若菜 のコメント:

    自分で出来ることを見つけて一生懸命勉強されている翔子さん、とても素敵だと感じました!

    翔子さんだからこそ出来る共感があると思います。翔子さんだからこそ、傷を癒せる人がいると思います。きっととても優しい方なのでしょう。それを文書から感じました!

    私も翔子さんのカウンセリングを受けて自分でも気付いてないような過去の辛かったことをさらけだして浄化してみたいな^^*
    お会い出来るのを楽しみにしています!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。